50系客車

2020年9月26日 (土)

50系客車 その2

こんにちは、みなさん。

なんと、2年ぶりの50系客車です(@_@)

以前はもともとの製品のプラ製梁を3.5ミリ幅詰めしていたのですが、今回からは3Dプリンターで出力します。

Photo_20201010213003 まずは梁、センターベアラーとも言いますかね。

Photo_20201010213001 ブレーキが別パーツですので別に作りました。

Img_3698 出力して組み合わせます。

以前はDMMに外注に出してましたが、実際に出来上がると寸法が若干違っていたりして、何度もやり直すと結構な金額がかかってしまいます。

自分でプリンターを持っていれば何度でも作り直すことができるので、とっても安上がりです。

これも3回くらいで納得の寸法となりました。

2018年7月29日 (日)

50系客車 その1

こんにちは、みなさん。

えらく更新をサボってしまいました(@_@)
201806032120492さて、先ごろ再版された50系客車とこちらは新規のED75-700です。
今回はこれらをJM化していきます。
まずは50系客車から。

20180707_234722249車体をひっくり返して台車中心ネジを外し、台車を外します。
横梁にある穴にマイナスドライバーを突っ込んで台車枠を左右に引き抜きます。このとき左右一帯のブレーキパーツも外れます。
Dsc_0012外した車輪です。まず、中空車軸と車輪をばらばらにします。
これは引っ張れば外れます。


20180713_220527480最近のカトーの車輪は軸が4ミリなので無加工で行けますが、トミー製は6ミリありますので5ミリ以下になるようにカットします。
これはニッパーでは切れませんので、根気よくやすりで削るか、「ミゼットカッター」でカット後、整形します。ミゼットカッターで切る際、切った車軸と車輪がものすごい勢いで飛んでいきます。何かにくるんでカットします。

20180713_220905140赤い柄のものが「ミゼットカッター」です。
プラ中空車軸をカットし、バックゲージが11.2ミリになるように調整します。



次回は台車の改軌です。
フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ