12系

2016年8月21日 (日)

大洗水族館、国際鉄道模型コンベンション、1/80 12系 その10

こんにちは、みなさん。

19日のこととなりますが、大洗水族館に行ってまいりました。
コーさんの夏休みの宿題、絵日記の題材探しです。
20160819_120903_2風が強いです。思はず「防波堤に~」と歌いそうになってしまいます。

20160819140454_2いろいろな海の生物がいます。写真はマンボウ。ゆっくりと泳ぎます。
しかし間抜けな顔をしています。まあ、人間目線ですが。
20160819144530_2イルカ・アシカオーシャンライブです。寸劇仕立てでショーが進みます。
このショーはプールでやっているので我々もプールサイドから見ました。

しかしプールの側面に大きな窓があり下からも見ることができます。写真は下からのものですが、イルカのジャンプの助走?の早いこと、そして落下の泡・・・。一粒で2度おいしいショーでした。ぜひ通常のショーの見物の次の回は下からの見物をお勧めします。
20160821_131145_221日には一人で国際鉄道模型コンベンションに行って参りました。
一番の目的は「相武鐵道」。これは組立式として有名ですが、台枠がネットで見ると結構薄い。その構造を確かめに出かけたのでした。確かに梁など入れてありますが、駅セクション以外はかなり薄いです。接続部分や台枠の裏など丹念に見学しました。
20160821_124742_2もう一つが「North American Model Railroad Club」。こちらも薄い台枠ですが、ユニトラックを使用しています。どのように使っているか、特にバラストをどうしているか気になっていました。幸いこちらではお話をお伺いすることができ大変参考になりました。
20160821_134421その後、あちこち見学しました。「スバラシモデルス」も出店しておりましたので、少々お話を伺いました。以前「アメリカでもめてるので遅れる」というメールをいただいたのですが、その後何のメールもないのもですから。どうやらうまく交渉がまとまりそうで、来春には発売できるとのことでした。
その後、先輩、後輩がいるレイバンズで油を売って帰りました。
20160810_010945_2さて、12系ですが、サウンドデコーダーSFX004を搭載します。
これは2008年に購入したもので、現在は006にバージョンアップしています。いや、ずいぶん温めていたものです。00シリーズは音声のみのデコーダですのでこのような電源車等にぴったりと思います。その分安い(5,000円位)ですし。PR2(これも現在はPR3)という機器でパソコンから音声を書き換えられます。音声はYOUTUBEから拾ってきたものを編集して、①始動~アイドリング、②高負荷回転、③停止、とし、②をループさせています。③の停止音はなかったので、もともと入っていたアメリカ型ディーゼルの音を使っています。ほとんどの人が聞いたことがないと思われますので、言わなきゃばれない(^_-)
20160811_030416_2集電板はいじらず、ウェイトのみ切取ります。ウェイトとスピーカーの接する部分には絶縁のためカプトンテープを貼ってあります。

20160811_030549_2室内パーツは床板をカット。シートもスピーカーの出っ張りを逃げています。デコーダーはシュリンクを剥がし、モーターデコーダーとの接続用ピンを外しておきます。ちょうど写真の一番右側のボックスシート部分に両面テープで留めて、コードは廊下を這わせます。電源コードは扉の下にコードの逃げを作り、室内灯のユニット手前に接点を付けて接続させます。
20160822_000503_2エンジン下の床板パーツとエンジンに穴を開けて音を出します。エンクロージャーは特につけていません。車体そのものがエンクロージャー代わりになりかなり、大きな音が出ます。

次回はDCCカプラーと言いたいところですが、前述のように来春にはスバラシモデルスのカプラーが発売されそうですし、ここは思案のしどころです。

2016年8月15日 (月)

1/80 12系 その9

こんにちは、みなさん。

さて、中途半端な日時に更新ですが、現在オリンピックのテニスを見ております。

何とか勝ってほしいですね。
ところで先日久々に常悦線にお邪魔してきました。

20160812_173006その時にとんでもないことが(@_@) なんと電車の中にカバンを一つ忘れてしまいました。すぐに気づき他の駅の駅員さんに回収していただき、事なきを得ました。ただし身分証明するものを持っていなかったため翌日回収となりました。
12系ですが、室内灯の明るさをそろえましたが何かおかしいと思ったら、側面の行先表示やトイレ、洗面の明かりがなかったのでした。
20160807_173506そこで角型のLEDを使います。2mAのCRDとセットで車体側接点に半田付けします。


20160815_021736こんな感じです。種別表示に「急行」を入れてあります。これは表面に印刷してありますので、クリア塗装を厚く塗ってガラスっぽくしてみましたが、あまり効果はないようです(T_T)
20160807_235756テールライトです。電球と抵抗をLEDとCRDに交換です。DCC化するのでここではダイオードは使いません。

20160808_020507_2基盤を元通りはめ込み、足を上に曲げます。そこへカトーのヘッド・テールライト用デコーダーFL13を半田付け。デコーダーの反対側に真鍮線をはんだ付けし、元の足と同じ状態に曲げます。これで純正とまったく同様に組み付けられます。
20160815_022019
次回はサウンドデコーダーを積み込みます。

2016年7月24日 (日)

1/80 12系 その8 &2016年4回目のゴルフ

こんにちは、みなさん。

さて、13日のこととなりますが、4回目のゴルフに行ってまいりました。
20160713_113529場所は玉造ゴルフ倶楽部捻木コースです。本年はもう4回目ですから近年まれにみる多さです。今回は大学院時代の先輩のお誘いで、先輩ご夫婦、てつ税の3人で回らせていただきました。午前中はフラットなコースということで50で回れました。「これは」と思ったのもつかの間、午後は60といつものペースになってしまいました(T_T)
ところで12系です。
20160724_224243前回10mAのCRDを使用したところちょっと明るすぎてしまいました。
という訳で1.5mAを取り寄せて使用してみました。一番手前の車両がそれです。明るい部屋でちょうどいい感じです。
20160724_224058いろいろつけて比べています。やはり一番右がちょうどいい感じです。


20160725_000304消費電力も測っています。「どんだけ古いので測ってんだ」という声も聞こえそうですが、測ろうとしたらデジタルマルチテスターのヒューズが飛んでました。一応1.5辺りを差しているのでよしとします。ちなみにこの時は線路電圧は直流12Vにしています。
そろそろお盆休みが近づいてきました。
せっかくの休みなのに作業できず、とならないよう部品の準備にかかりますか。

2016年7月10日 (日)

1/80 12系 その7

こんにちは、みなさん。

今日は暑かったですが、梅雨はどこに行っちゃたんでしょう
さて室内灯ですが、ここの所「テープLED」を使う方が多いようなので、てつ税も使ってみます。
20160710_222142もういろいろくっついてます(^_-) LED3点+チップ抵抗で1ユニットです。
オハ12では5ユニット使いました。1ミリ厚プラ板で帯を作り、そこにテープLEDを貼り付けます。片方の端にCRDと真鍮線を立てた穴あき基盤をくっつけます。CRDは10mAです。これを車体の天井に両面テープで張り付けます。
20160710_210244車体側には整流用にブリッジダイオード、ちらつき防止用に電解コンデンサー(25V、470uF)、床下への接点を真鍮線で、ボディへの給電端子を真鍮板とコードで作り穴あき基盤に半田付けします。
20160711_010753デッキ部分に穴を開け真鍮線を通します。基盤を廊下の床に、ボディ用接点とコンデンサを壁に両面テープで取付けます。

20160710_234703点灯してみます。電源はACの17Vです。ムラなく点灯しています。しかし方向幕とトイレ、洗面所の窓は光が回ってません。またちょっと明るいようです。

20160710_234022部屋の電気を消してみます。こりゃ明るすぎますね。車内の人はサングラスが必要です(@_@)


という訳で、方向幕と明るさを何とかします。

そういえば、以前から誘われていたのですが、冷中始めました・・・じゃくてFB始めました。

2016年7月 3日 (日)

1/80 12系 その6

こんにちは、みなさん。

さて、ウィンブルドンが始まり相変わらず寝不足のてつ税です。

前回室内灯云々と記載しましたが、なんと材料がなかなか調達できません。埼玉の片田舎に住んでいるとこういう時に不便です(T_T) 暇なときに部品はなく、忙しいころになって到着。

20160701_210952という訳で、急に晴れたりするものですから、先にインレタ張り&クリア塗装となりました。インレタは悪名高い純正ではなく、くろまやとレボリューションファクトリーのものを使用しました。サクサク着きますね。クリアは水性の半光沢です。車体は新聞紙を丸めたもので支えています。プラ製車両は軽量なのでOKです。ガラス等は事前に外してあります。
20160704_012455今回も169系同様車側表示灯を付けています。モノは同じくカトーのキハ82系用の余りです。

20160704_014926同じキハ82あまりものつながりでオハフ12の屋根上排気口にカバーを付けてみました。どなたかがやっていらしたのをまねしたものです。本来なら14系のものを使う方が良いのでしょうけれど、出荷時から取り付けられているものは分売パーツがないのです。屋根はねずみ色一号で塗装、クーラー他塗り分けはありません。
20160704_012656妻面です。幌はねずみ色一号、扉は室内と同色に塗ってみました。


20160704_012852スハフ12の前位側妻面はテールライトがモールドされていますが、KSモデルのテールレンズをはめ込んでいます。

さてさて、そろそろ部品が届くころです。次回は室内灯が点いているか?
でもここでふと思い出したことが・・・。サウンドと自動解放はどうする?

2016年6月19日 (日)

1/80 12系 その5

こんにちは、みなさん。

さて、すっかり日本では注目されなくなったル・マン24時間もあとちょっとの所でポルシェの勝利となってしましました。

ところで12系ですが、室内灯を付ける前に室内に色入れをしました。
20160613_231636まずは床板と椅子パーツの床部分に水性ホビーカラーの「明灰白色」、椅子はGMカラ―の「小田急通勤車帯」、壁面にミスターカラーの「キャラクターフレッシュ」。
20160620_025738椅子の縁、肘掛けに「ねずみ色1号」、椅子の手摺、扉に「銀」を塗ります。

 

20160620_012038_2車体の裏側も適当にキャラクターフレッシュを塗ります。まったく見えない天井はとくに「テキトー」です。

00060036ついに485系(国鉄色)が本日最後の運行となりましたね。あれ程日本全国で見られたのに、もうこれ1本だったんですね。さらにあれだけ走っていたのにまともな写真があまりありません(T_T)
00060010_2つぎはこちらですかね。583系も少し撮りに行きましょうか。

2016年6月 5日 (日)

1/80 12系 その4

こんにちは、みなさん。

先々週は錦織の全仏、ニュル24時間、仕事?と忙しい週でした。

さて12系ですが、せっかくなので伸縮カプラーに交換します。

カトーのものは後付が少々厄介ですし、結構入手が困難ですので、トミーのTNカプラーに交換します。ところでカトーですが、年内は16番の予定がなさそうです。以前提唱していた「テーブルトップ」が大コケしてしまいましたから、頭に来てもうやらないのでしょうか(^_^;)
20160606_015953TNカプラーは、床板にはめ込む部分を切取りフラットにしておきます。床板の元のドローバーのガイドの室内側に1ミリのプラ板を貼り付けます。適当な位置に穴を開け、2ミリのタップでネジを切ります。
ここで写真では横の切込みや下の2本の棒に気が付いたあなた・・・鋭いです(^_-)
20160606_020012もともとついていたトイレタンクや反対側の排出口?は少し小さいような気がしてトミー製に交換します。所定の位置に溝を切り差し込めばオーケーです。
2本の角はエコーの洗面所流し管です。
20160606_030803この3つを付けるとこんな感じです。トイレタンクは水性ホビーカラーのライトブラウンで塗装しています。

Img_1739車体を乗せてみるとこんな感じ。
ウーン、マンダム・・・(古)

次回は、せっかく発電機を付けたので室内をいじってみます。

2016年5月22日 (日)

1/80 12系 その3

こんにちはみなさん。

5月というのは毎年忙しいですね。やはり祝日が多いのが原因ですね。1か月でやらなければならない仕事の量は祭日があろうがなかろうが関係ないですしね。
もうこれ以上は祭日はいらないので、有給を消化できるようにしてほしいですね。
さて、先週の日曜はン回目の結婚記念日でした。という訳で(どういう訳?)先週更新しようとしていたものを今週に持ってきました(^_^.)
ところで、12系を走らせまして、「はて、室内灯が点かないな」と。よくよく調べると24系、14系はいわゆる集中電源方式でディーゼルエンジンで発電してその電気を各車両に送電するのですが、12系は発電用ディーゼルエンジンを搭載しているにもかかわらず、室内灯等は車軸発電機からの電気を使うらしいのです。ちなみにNゲージではトミックス、カトー両社とも車軸発電機を表現しています。

20160504_144315という訳で我が家の12系にも車軸発電機を付けてみます。ものはエコーの客車用車軸発電機(新型)です。まず吊り台の固定用アーム部分を切取り、写真のように整形します。材質はホワイトメタルなのでヤスリで簡単に削れます。
20160522_173845真鍮帯材でアームを作り直します。写真のようにL型に半田付け。台車梁にはネジ留と行きたいのですが、梁が「ABSライク」なので、ネジ山がすぐになくなってしまいます。しょうがないのでナットで締めます。
20160522_201759この真鍮アームに吊り台を接着します。その後、発電機本体とベルトも接着します。ベルトは少し長いので車輪の裏側すぐのところでカットしておきます。
20160509_002816艶消し黒で塗装後、最初は緩くネジ留し、車輪を入れてからしっかりと留めます。これは所定の位置に発電機がくると台車枠が広げられないからです。
20160523_014916これで室内灯が点きますね(*^^)v

2016年5月 8日 (日)

1/80 12系 その2

こんにちは、みなさん。

さて、最近は3Dプリントで鉄道模型を作る人も見受けられるようになってきました。
そこでてつ税もやってみるかと、以前マイクロ183系電車の改軌用梁を作成してみました。
そちらはまだ公開していませんが、先日記載の通り、うまいことオハ12が2両手に入りましたので、オハフ&スハフも近所のタ○○ムで購入して改軌しようという次第です。
3dまずはフリーソフトで作図です。元の梁を3.5ミリ幅詰めして作成します。
手前に出ている棒はランナーでこれをコピーして繋げます。
20160424_113945左側の薄緑色のものが3Dプリンターでプリントしたもの。
プリントそのものはDMMに外注です。大体10日ぐらいで届きます。今回は8両分16個で、お値段は「ABSライク」という素材で送料込みで約4,700円です。
20160509_003739車輪を改軌して、集電板を逆ハの字に曲げて純正梁と同様に組み付ければあっという間に完成です。写真のものは艶消し黒で塗装しています。
20160507_222033超簡単にできた・・・と思ったら、そうは問屋が卸してくれませんでした。梁の上に出ている2つの角の高さが0.3ミリ低かったのです。しょうがないので床板にプラ板を貼り付けています。
耐久性はどのくらいあるのかわかりませんが、1年や2年で壊れるものでもないと思います。今回の素材は割とやわらかいので何度も分解するとツメをかける角が丸くなってしまうということもわかりました。まあもう分解することもないと思いますが。

2012年4月23日 (月)

常悦線訪問

こんにちは、みなさん。

もう1週間もたってしまいましたが、14日に常悦線に伺ってきました。

今回の参加者は 蒲田工場長、鍍金職人、羽鶴陀武須の各氏とオーナーのSaka-j氏です。

今回はてつ税はカミさんが昔の職場仲間と昼食会ということで昼までコーと留守番をしていました関係で、夕方から参加させていただきました。

持ち込み車輛はDE10と12系客車です。12系は前回までの短軸改軌にDCC化して持ち込みました。

遅れていった関係で他の方々の車両は映っていませんが、こちらをご覧くださいませ。

http://www.youtube.com/watch?v=w7ZPpZmvmQE&feature=youtu.be 

いつものように運転終了後は場所を居酒屋に移して、大いに盛り上がったのでした。 

さて、話は変わりますが、カトーからついにEF510が発表になりました。なんと実売1万円前後と破格の安さですね。ただし雑誌などに載っている動力機構を見るとJM改軌は難しそうです(というより不可能?)。やはりここは工場長のご意見を伺いたいところです。

Img_0151というわけで、我が家の510その他トミックスの機関車を出してみました。

いつの間にか増殖したようですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

とっとと改軌&DCC化ですよ(*´д`*)ハァハァ


 

より以前の記事一覧

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ